連結納税で節税を行なう|企業の大幅コストカット大作戦

女の子

マニュアルとセットで一つ

2人の女の人

ワークフローは作業手順書です。マニュアルは作業手順書の一つ一つの要素の手順を明文化したものです。ワークフローは誰が行っても、同じ所要時間と同じ品質を担保できる仕事の手順書なのです。したがって常に作業時にはワークフローを見ながら行うのが一般的です。

詳細へ

システムの命は設計段階

オフィス

設計が肝心

仕事の効率化を図ったり、コストを削減に寄与したりするワークフローシステムは、内部統制などの問題もあり、ここ数年で多くの企業で取り入れられています。しかし、すべての企業でワークフロー導入が成功している訳ではありません。効率化を実現できている企業もあれば、逆に非効率になっている企業もあるのです。その決定的な違いは設計にあります。ワークフローシステムには、パッケージ版など格安で導入できるものもありますが、そのまま利用できるほど単純ではありません。初期導入費用こそ掛かりますが、きちんと設計から構築まで業者と行った企業は、成功しているケースが多くなっています。逆に、コスト第一主義で導入した企業は、想像した成果を出すことができず、非効率になってしまっているケースが多いのです。

現行のフローを見直す

ワークフローシステムの設計は、今現状のフローをそのまま機械化することではありません。紙媒体で行われている決済業務には、少なからずローカルルールが入っています。そして、並列決済など本来決済業にはあり得ない決済の仕組みが、入っているのです。これらを機械化できない訳ではありませんが、フローを正しく見直すことで、将来的な効率化を担うことができます。そのため、導入時にフローを見直す工程も必要になってきます。そして今後変更になる可能性があるところを、予めピックアップしておくことが重要です。組織変更や体制変更などは企業では日常茶飯事になります。そのため、すぐに変更に対応できるように準備しておくことがロスを少なくする方法になるのです。フローを見直す際に一緒に検討してほしいものが連結納税の導入であり、連結納税は上手く活用することで節税に繋げることが可能です。システムは正確で尚且つスピーディーに計算してもらうことが出来るので、大変便利といえます。

電話代行のサービスが人気

3人の男女

秘書代行のサービスの需要も増えてきています。代行業者では、きちんと教育がされているため、社員教育に時間を割くより依頼したほうが迅速に対応してくれるメリットがあります。また、時間外の電話対応も依頼することでき、業務のスムーズに進めていくことができます。

詳細へ

本業に専念できる

男の人

秘書代行は主に会社宛にかかってきた電話を処理する会社です。着信先をコールセンターに直結し、そこで一次受付してくれるサービスです。自社に事務員や電話受付要員を配置するより人件費コストを抑えることができます。

詳細へ