連結納税で節税を行なう|企業の大幅コストカット大作戦

男性

マニュアルとセットで一つ

2人の女の人

作業手順書の意味

ワークフローとは作業手順書です。どんな仕事にも作業手順はあります。しかしすべての作業において作業手順書が準備されているとは限りません。しかしワークフローの重要性は作業のミス防止や、文書の明確化、進捗状況の管理、作業の効率化、見直しにあります。ワークフローが完備されていないとこれらがすべて管理できないのです。作業手順にマニュアルというものもありますが、ワークフローとマニュアルは異なります。ワークフローは図式化された作業の手順を示したものであり、一つ一つの作業を細かく手順に落とし込んだのがマニュアルになります。したがってワークフローやマニュアル単体では役に立ちません。あくまでも二つがセットになって一つの仕事を完結させるのです。

品質と所要時間を担保

ワークフローを作成することに工数を感じることも少なくありません。しかしそれは作業手順書が日常の業務の中から外れた位置にあるからです。本来業務は作業手順にしたがって行うものです。どんなに手馴れていても間違いがないかどうか作業手順と見比べて行うものです。日々の業務の中でここはもっと効率化できるなどの意見を作業手順書に落とすことで業務の効率化を図ることにつながるのです。作業手順の更新は必然的に生じるのが普通で、工数と考える方がワークフローのそもそもの使用方法が間違っているのです。誰がやっても同じ品質と同じ所要時間を実現するための最低限の要素としてワークフローとマニュアルはあるべきなのです。まずその考え方を改めるのがベストです。